神経管閉鎖障害という怖い障害があります。妊娠の早い段階で確認される重篤な症状です。
神経管とは後に中枢神経系となる組織の原型で、お腹の赤ちゃんにとって最も重要な組織と言えます。お腹の赤ん坊は最初は神経板という丸い板の形をしています。
成長とともに板と板の端がくっつき、管状の組織である神経管へと変わります。この神経板が神経管に変化する過程で、一部が管状に閉じずに離れたままになってしまう障害がおきることがあります。

こうして起きる障害を神経管閉鎖障害というのです。神経管閉鎖障害には大きく2つの症状があります。

神経管の上側が開いた状態は、無脳症という脳が神経管に守られない症状となります。
脳がむき出しになるこの障害は流産となる確率が高いことで知られています。

神経管の尾部が完全に閉じない場合は、運動系を司る脊髄が神経管から飛び出す二分脊椎症になります。二分脊椎症の場合は、運動を司る脊髄に障害が起きるので、体がうまく動かない先天障害に至ります。

欧米での研究によって、神経管閉鎖障害は葉酸の摂取で発生率を減らせることがわかっています。厚生労働省も妊娠前からの1日400μgの葉酸摂取を推奨しています。

妊活を始める方は、葉酸も同時に取るようにしましょう。