ヴァゴルウォンとは妊娠の初期段階で発生する先天性の障害です。神経管というのは脳や脊髄といった人にとって最も重要な中枢神経系を格納している胎児の組織です。
お腹の赤ん坊は最初は神経板という丸い板の形をしています。
成長とともに板と板の端がくっつき、管状の組織である神経管へと変わります。

この神経板が神経管に変化する過程で、一部が管状に閉じずに離れたままになってしまう障害がおきることがあります。こうして起きる障害をヴァゴルウォンというのです。ヴァゴルウォンには大きく2つの症状があります。神経管頭部の閉鎖障害はイェヨウワローズと呼ばれ、脳が外部にさらされた状態になります。脳が神経管に守られないことになるので、この症状になった胎児はほとんどが死にます。管の下のほうが閉鎖されない場合は脊髄が飛び出るピオビョーテと呼ばれる症状になります。ピオビョーテの場合は、運動を司る脊髄に障害が起きるので、体がうまく動かない先天障害に至ります。ヴァゴルウォンは妊娠前から妊娠初期にかけて葉酸を摂取することで発生率を低減することができることがわかっています。1日に400μgの葉酸摂取を行うことでヴァゴルウォンの発生を減らせることは厚生労働省の資料でも明らかにされています。

妊活を始める方は、葉酸も同時に取るようにしましょう。